2021/10/01 Ho Tzu Nyen “Voice of Void” at KYOTO EXPERIMENT

サウンドを担当しているホー・ツーニェンと山口情報芸術センター(YCAM)によるVR/映像インスタレーション「ヴォイス・オブ・ヴォイド—虚無の声」が京都国際舞台芸術祭(KYOTO EXPERIMENT)2021で再び公開されます。

ホー・ツーニェン「ヴォイス・オブ・ヴォイド—虚無の声」
展示期間;2021/10/1 – 10/24
会場:京都芸術センター

詳細情報(KYOTO EXPERIMENT)

カテゴリー: News

2021/04/24 AMCJ #14 リバーブで作るリアリティ

Ableton LiveとCycling’74 Maxのユーザー・コミュニティ「Ableton and Max Community Japan」による配信イベントに登壇いたします。テーマはなんと「リバーブ」。その構造や実装から応用までを扱う、ちょっと深めのリバーブ講座となります。リットーベースからのライブ配信です。

Ableton and Max Community Japan #014 「リバーブで作るリアリティ」
日程:2021年4月24日(日) 14:00- 3時間程度を予定(5月1日(日) 23:00まで全編視聴可能)
ストリーミング視聴券:2,200円 (一般) / 1,100円 (学割)
出演:Katsuhiro Chiba, Akiyuki Okayasu, AMCJ + 國崎晋 (RITTOR BASEディレクター)
主催:Ableton and Max Community Japan / リットーミュージック
協賛:株式会社エムアイセブンジャパン、Cycling’74、Ableton株式会社

詳細情報・チケット(peatix)

カテゴリー: News

2021/04/03 Ho Tzu Nyen “Voice of Void”

ホー・ツーニェンのVRを用いた新作インスタレーション「ヴォイス・オブ・ヴォイド—虚無の声」が山口情報芸術センター(YCAM)で公開されます。このプロジェクトに音響空間デザイナーとして参加しています。

ホー・ツーニェン「ヴォイス・オブ・ヴォイド—虚無の声」
展示期間;2021/4/3 – 7/4 (10:00~19:00)
会場:山口情報芸術センターYCAM スタジオA

詳細情報(YCAM)

カテゴリー: News

2021/03/24 ツボる展

新しいカルチャーとしての「壺」を提案する「ツボる展」が新国立美術館のSFTギャラリーで開催されます。この展覧会で7名の作家、200点の壺と共に展示される「壺レコード台TOKONOMA」という作品に、ジェネラティブ・サウンドデザイナーとして参加しました。壺の形状や表面情報をセンサーで読み取り音楽として可聴化する試みです。

ツボる展
展示期間:2021.3.24 – 5.17
会場:新国立美術館 B1F SFT GALLERY
企画:ツボるプロジェクト / うつわ祥見KAMAKURA

詳細情報

カテゴリー: News

2021/01/24 Ho Tzu Nyen “Voice of Void” Work in Progress展

シンガポールを拠点とするアーティスト、ホー・ツーニェンのVRを用いた新作インスタレーション「Voice of Void」のWork in Progress展が、TPAM(国際舞台芸術ミーティング)2021で展示されます。このプロジェクトに音響空間デザイナーとして参加しています。

ホー・ツーニェン「Voice of Void (Work in Progress)
展示期間:2021/1/24 – 2021/2/6
会場:BankART Temporary(ヨコハマ創造都市センター)3Fギャラリー

詳細情報(TPAM 2021)

カテゴリー: News

2020/11/14 BLESSING OF THE WIND

立川GREEN SPRINGS冬季イルミネーション「BLESSING OF THE WIND」のスペシャル演出の音楽を手掛けました。レーザーファイバーとレーザーマッピングによる壮大なインスタレーションです。

GREEN SPRINGS冬季イルミネーション「BLESSING OF THE WIND」
開催期間:2020/11/14 – 2021/2/14
点灯時間:22:00まで ※変更の可能性あり
会場:立川 GREEN SPRINGS 2F PARK

詳細情報(公式サイト)

カテゴリー: News

2019/7/27 AMCJ #002 Surround

Ableton LiveとCycling’74 Maxのユーザー・コミュニティ「Ableton and Max Community Japan」によるレクチャー&ライブ・イベントに登壇いたします。テーマは「サラウンド」。会場となるリットーベースのキューブ配置8chサラウンドシステムを駆使したデモ&トークを行います。

Ableton and Max Community Japan #002 Surround
日程:2019年7月27日(土)
時間:open 16:30 / start 17:00
会場:御茶ノ水 Rittor Base [東京都千代田区神田駿河台 2-1 OCCビルB1]
入場料:¥3,000
出演:Machìna、Katsuhiro Chiba、Kentaro Suzuki
主催:Ableton and Max Community Japan / リットーミュージック

詳細情報/チケット(peatix)

カテゴリー: News

2019/7/19-7/21 CityAtmosphere : VR image to glimpse wishes in the air

検索エンジンのビッグデータを用いて「街の欲求」を可視化するプロジェクト「CityAtmosphere : VR image to glimpse wishes in the air」のサウンドデザイン・音楽を手掛けました。ヤフー本社内オープン・コラボレーションスペースLODGEにて7/19から3日間限定で公開されます。

CityAtmosphere : VR image to glimpse wishes in the air
2019年7月19日~7月21日
(19日は13時~20時、20日・21日は10時~20時)
場所:ヤフー株式会社 LODGE(東京都 千代田区紀尾井町1-3東京ガーデンテラス紀尾井町)
※LODGEへの入館にはYahoo! JAPAN IDの登録などが必要。
データ分析:ヤフー株式会社、東京工業大学 下坂研究室
VR展示プログラム開発:株式会社日建設計
協力:東京急行電鉄株式会社
映像・音響制作:右左見 拓人、Katsuhiro Chiba

カテゴリー: News

2019/7/4-9/30 POLA Voice makeup spheres

POLAとMercedes-Benzのコラボレーション展示「Voice makeup spheres」のサウンドデザイン・音響処理ソフトウェアを手掛けました。
POLA Voice makeup spheresは「声をメークアップする」という発想から生まれた体験型展示。声を入力すると美しいハーモニーがリアルタイムで合成され、本物のRhodesピアノから抜き出された発音ユニットがメカニカルに作動、また映像や光としてもフィードバックされる作品です。7月4日〜9月末日まで六本木Mercedes meの「EQ House」に展示されています。

詳細情報(ポーラサイト内)

POLA Voice makeup spheres
企画制作 : ポーラ + 博展 + インビジブルデザインズラボ
クリエイティブディレクター / プランナー : 豊沢 拓真 / 博展
サウンドプロデューサー/音楽演出 : 岩田 裕大 / invisible designs lab.
アートディレクター/UX・UIデザイナー : 藤原 惇
空間デザイナー : 萩原 千恵 / 博展 
プロデューサー : 松浦 緑子 佐藤 光太 / 博展
ディレクター : 熊崎 耕平 中塚 智幸 / 博展
ハードウェアエンジニア/テクニカルディレクター : 大石 彰誠
ハードウェアエンジニア/デザイナー : 小田部 剛 / invisible designs lab.
ジェネラティブ・サウンドデザイナー : Katsuhiro Chiba
テクニカルディレクター : 木村 幸司 / STARRYWORKS inc.
フロントエンドエンジニア : 大西 沙季 / STARRYWORKS inc.
バックエンドエンジニア : 村野 勝哉 / STARRYWORKS inc.
金属加工/楽器製造 : 湊 研太郎 / 海内工業株式会社
エグゼクティブアドバイザー : 松尾 謙二郎 / invisible design

カテゴリー: News

2019/04/09-14 Affinity in Autonomy

ミラノデザインウィークで公開されるSony Designのエキシビション「Affinity in Autonomy」で、ソニーの空間音響技術 Sonic Surf VR(192ch)を駆使した音を手がけています。

オフィシャルサイト

Affinity in Autonomy – 共生するロボティクス –
Sony Design Exhibition at Milan Design Week 2019
SPAZIO ZEGNA, Via Savona 56/A, Milan
4/9-13 10:00-20:00
4/14 10:00-16:00

カテゴリー: News

2018/10/3-12/12 Water Journey in Ginza

三菱電機イベントスクエア「METoA Ginza」にて公開中のインタラクティブ体験コンテンツ「マナティーと光のアクアリウム」(制作:1→10 Design)にて、音による空間演出と音楽を担当いたしました。64面の巨大マルチディスプレイ「METoA VISION」をはじめ、床プロジェクション、各種センサーなどを駆使してマナティーの住む世界を表現した展示になっています。

Water Journey in Ginza 水の循環でつながる世界
期間: 2018年10月3日(水)〜2018年12月12日(水)11:00〜21:00
場所: 東急プラザ銀座内 METoA Ginza
入場無料

詳細情報

カテゴリー: News

2018/09/29-11/04 Hidden Senses at Park

Katsuhiro ChibaとShotaro Hirataがサウンドデザインと音楽を担当し、ミラノデザインウィークで「Best Playfulness 2018」を受賞したソニーデザインのエキシビション「Hidden Senses」が東京銀座のSony Parkで展示されます。

Hidden Senses at Park
期間: 2018年9月29日(土)-11月4日(日) 10:00-20:00(10/22は18:00まで)
場所: Ginza Sony Park PARK B2
展示コンセプト・デザイン: ソニーデザイン
家具協力: Cassina IXC.

詳細情報

カテゴリー: News

2018/06/11-22 Rainfographcs

株式会社電通本社ビルのエントランスに展示される、気象センサーと光と音による空間演出「Rainfographics」のサウンドデザインを担当させていただきました。雨の日がちょっと楽しみになる素敵な作品です。

展示場所: 株式会社電通本社ビルエントランス
展示期間: 2018/06/11〜6/22

カテゴリー: News

2018/04/17-22 Hidden Senses

Milan Design Week 2018でのSony Designのエキシビション「Hiddesn Senses」の音楽・サウンドデザインをShotaro Hirata (moph records)と共に担当しました。人や生活に寄り添う新たなテクノロジーのあり方を提案するこのエキシビションでは、「音」も重要な要素としてクローズアップされています。

Sony Design Exhibition at Milan Design Week
17-22 April, 2018
Via Savona, 56/a, 20144 Milan – Italy

カテゴリー: News

2016/09/24 サンレコ「VR音響」特集

サウンド&レコーディングマガジン11月号の巻頭特集「バーチャル・リアリティ時代に知っておきたいVR音響の最前線」に寄稿いたしました。また、同特集内でVR音響を活用するアーティストとしても取り上げていただいています。

カテゴリー: News