Stellaverb

Stellaverb(近傍の恒星ヴァーブ)は、「もしも星まで音が届いて跳ね返ってきたら」という発想から生まれたリバーブ。
太陽系近傍の恒星11万個の観測データをまとめた「ヒッパルコス星表」をベースとして、音速=光速の十億倍〜百億倍と仮定した音響シミュレーションを行うことによって「星空の残響音」を作り出します。それは銀河系の星々が立体的かつ均一に広がっていることを音として体感する試みでもあります。実際に生成された残響は、非常にシルキーで美しいものとなりました。