chi.binaural

そこに存在する音
ハイパーリアリスティック・バイノーラルプロセッサー

audio_vr_image

「chi.binaural」(通称チバイノーラル)は物理モデリング・アルゴリズムを使用したバイノーラル・プロセッサーです。
バイノーラル・プロセッサーは、通常録音された音源(バイノーラル録音でない音源)に対して、DSP(デジタル信号処理)によってバイノーラル定位を付与します。技術的には専用ハードウェアやオーディオプラグインなどの形で従来から存在しており、その多くは全天全周のHRTF(頭部伝達関数)をインパルス・レスポンスとして測定してデータベース化、リアルタイムのコンボリューション(畳み込み)を行うことで実現されています。現実の定位感のサンプリングとも言えるこの方式は一定のリアルな結果が得らる一方で、方位・距離の違いを無限に細かく測定するわけにはいかないため、測定時のグリッド(数度〜10度単位程度)を補間で補い、距離については基本的に音量のみで表現します。現実を測定したインパルス・レスポンスを使用する以上、一度スピーカーから音を発してマイクで収録した音がベースになるため、必ずしも音楽利用に耐える音質というわけではありません。

chi.binauralは、独自の研究に基づいた物理モデリング・アルゴリズム(HRTFデータベースもコンボリューションも使用しない)によってバイノーラル定位を実現します。そこに測定のためのスピーカーやマイクは介在しません。内部的な方位グリッドも存在せず、距離による微妙なHRTFの変化や近接効果もシミュレートされます。その結果生み出されるのは非常にスムーズかつクリアーな立体音像。目指したのは「そこに存在する音」、そして音楽家の耳で「使える音」です。

FullSizeRender現在chi-binauralはCycling’74 Maxのエクスターナル・オブジェクトとして実装されており、Jitter(OpenGL)互換の座標系、聴取者方位の回転をサポートし、自由度の高いリアルタイム処理が可能となっています。ジャイロ・センサーやモーション・キャプチャーによるヘッド・トラッキングと組みあわせることで、本格的な「音のVR」も実現します。低負荷で動作するのも特徴です。

デモ動画

開発中のものです。ヘッドフォンでご視聴ください。

使用事例

Rhizomatiks Research × ELEVENPLAY「border」
体験者の装着するAR/VRシステムのバイノーラルサウンド

攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver
サウンドトラックのバイノーラルミックス